低用量ピルとは違います

瓶から出ている薬

アフターピルと同じように避妊効果のある医薬品に低用量ピルと呼ばれる物があります。
この薬はどちらもピルと付いている為、似たような効果がある薬じゃないかと思ってしまいがちです。
しかし、服用方法や効果というのが全く違う為、しっかりと覚えて状況に応じて使い分けをするようにしましょう。

アフターピルは内部に多量の女性ホルモンのような成分が含まれており、服用することによって強制的に月経を引き起こすことで妊娠を阻止します。
低用量ピルも同じように内部に女性ホルモンのような成分が含まれていますが、アフターピルと比べると非常に少量になっています。
そして、服用することによって脳に「今体は妊娠している」と錯覚させ、身体が妊娠しない状態を作り、月経時以外は継続して服用し続けることで常に妊娠しているような状態を作り出し、使用をやめたとき以外は身体が妊娠しない状態を作り出す事が出来るのです。
その為、アイピルと同じような効果があると思って服用してしまうと全く効果が無く、薬を飲んだのに避妊に失敗してしまった、という事態にもなりかねません。

薬効や服用方法を覚えておけば処方してもらう薬を間違うことなく、正しい薬を処方してもらうことができます。
焦り過ぎて病院で「避妊に失敗したので低用量ピルをください」と言ってしまい、今必要でない薬を処方される事の無いように、しっかりと覚えておきましょう。